乳児院「夢」

乳児院とは?

いろいろな事情で家庭で養育することが困難な乳児(必要に応じ就学前の幼児)を保護者に代わって養育するとともに、あわせて退所した方について相談・その他の援助を行う施設です。

養育方針

養育目標

・よく食べ、よく遊び、よく眠る健やかな子どもに育てる。 ・豊かな感性を持ち、なんにでも意欲的な子どもに育てる。 ・安定した人間関係を築ける子どもに育てる。

養育方針

・子どもの命と人権を守り、安全安心を保障します。 ・子どもひとりひとりの個性と主体性を尊重し、発育発達の向上に努めます。 ・担当養育によるきめ細やかなふれあいで愛着関係を築き、情緒不安の解消に努めます。 ・ほのぼのとした家庭的雰囲気を大切にし、子どもの快適な生活環境の維持に努めます。 ・親子関係のつながりを大切にし、保護者と協力し合いながら家庭復帰を促進します。
 
入退所手続き

 児童相談所や市町児童福祉担当の窓口にご相談ください。事情をうかがったうえで必要な期間お子さんをお預かりいたします。
 

院長挨拶

 
  平成25年1月1日、佐野市米山南町に開設された栃木県内では3か所目となる乳児院です。定員9名の小規模な乳児院です。
 その小回りの利く小ささが私どもの誇りでもあり、強みであると考えます。出来るだけ一般の家庭と同じように、家族の温もり、暖か味、楽しさを感じられる中で、慈しみ育むことを常に念頭に、職員一同、志しを一にして今日まで努めてまいりました。
 入所している子どもたちにとりましては、乳児院が自分の家そのものであり家庭です。そこにともに暮らす子どもたちは兄弟であり、職員は親と言えます。
 乳幼児期は、その子の人格形成、言語能力、脳の発達において重要な影響をもたらす時期と言われます。乳児院は新生児から3歳くらいまでの子どもをお預かりしております。この大切な時期を乳児院で過ごすことは、ここでの生活が彼らの人間形成に少なからず影響を及ぼすものと考えられます。
 したがって、乳児院で過ごすこの時期をいかに豊かな生活経験と刺激を受けることができるか、乳児院は重大な役割を担っていると言えます。
 私たち乳児院「夢」は、子どもたちの人生にとって極めて大きな意味を持つ大切な時期にお預かりするという認識を常に携え、子どもたちの成長を支援し、社会的養育の道を邁進していきたいと考えております。